1
/
5
This page is intended for users in Philippines. Go to the page for users in United States.

変化が多い、だからこそやり甲斐がある。アドソリューション事業の仕事を紹介します。

常に挑戦、成長していく風土のバレット。

今回はバレットの稼ぎ頭であるBGテクノロジー株式会社SLVRbullet事業本部、事業部長の足立 賢さんにお話を伺いました。

―バレットに入社するまでのご経歴を教えてください

新卒で飲食店のコンサルをしている会社に入社後、IT業界に挑戦したいと思いアフィリエイト広告を使っている代理店へ転職しました。

そこでOBを通じて知り合った大崎さんにお声をかけていただきバレットへジョインすることになりました。

―バレットへ入社して。

入社当時はメンバーとしてジョインしました。ゆくゆくは組織を牽引していきたいと考えていましたので、入社当時から“結果と人望”をキーワードに上を目指していました。

どうやったらリーダーになれますか、どうやったらマネジャーになれますかと聞きながら役職ごとのミッションに挑み続けていましたね。現在は事業部長として20〜30名のメンバーを統率する立場となりましたのでそれぞれの考えも汲み取りながら結果を出せるチームとして成長させています。

事業部の魅力を教えてください

新しいアイデアを実施できること。組織が大きくなるフェーズであること。

―前職も同業種とのことですが、ギャップはありますか?

前職は安定志向が強く、少数精鋭で現在の規模を持続していこうという会社でした。

バレットは180度異なっていて、かなり積極的に組織も数字も伸ばしていくというフェーズです。

事業を大きくしていくために何が必要かを考えるようになったことはギャップと言えますね。

―バレットでの働き方の魅力を教えてください

一般的には既存の手法での営業にボリュームをおいて業務をこなしていくことが多いと思いますが、バレットでは既存のやり方だけでなく、“どうしたらさらに伸びるか”を考えて実践できる環境があります。

難易度の高い施策でも採用されるなど、新しいアイデアを発案すればその分裁量も与えられることは魅力です。

ベクトルの同じチームだからこそ挑戦できる

―事業部にはどんなメンバーがいますか?

20代の若いメンバーが多いです。

スキルや経験は勿論ですが、それ以上に会社の考え方にマッチしていることを最重要視しています。

共通のマインドがあるので新しい事をするときや変化があるときでも、同じベクトルを向いて取り組めるメンバーばかりです。

―メンバーに求めることは?

“結果と人望”はこの事業部では重要なことですね。

自分も入社当時から大事にしてきたことであり代表の大崎さんからの教えでもあります。これは必ず伝えています。

変化が多いこと、それを乗り越えるやりがい

―業務で大変なことはありますか?

バレットは組織としても事業としても成長段階であり変化が激しいフェーズです。必要に応じて制度やルールが増えることもあり、時としてそれが制限となることもあります。しかしそれを乗り越えることがやりがいとも言えます。変化にこそ大きな成長のチャンスがあるので、ポジティブに捉え前進していきたいですね。

どんな人が入ってきて欲しいですか?

いま目指しているのはレイヤーの重層化

―どんな人が入ってきて欲しいですか?

素直で自走力があってアグレッシブな人がフィットするのではと思います。

バレットは権限以上に領域広く任せられることもあるので、しっかりと責任感を持って職務を全うできる人

言われたことだけをする、というよりは自ら試行錯誤してやっていける人が輝ける環境です。

また、現在、マネジャー職が空いているので是非ここを埋めてくれる人が良いですね。

いまのメンバーにも言えますが席はありますので、果敢にに取りに来てほしい。

極端ですがハレーションを起こしてでも上に行きたい!というくらいのマインドの人がいても面白いかもしれませんね。そういった人が良いエッセンスとして作用すれば、チームとしてまた違った成長が期待できると考えています。

足立さん、ありがとうございました。

バレットでは 一緒に働くメンバーを募集しています。皆様のご応募お待ちしております。

バレットグループ株式会社's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more