1
/
5
This page is intended for users in Philippines. Go to the page for users in United States.

シリコンバレーVC DCMベンチャーズからシリーズAラウンドで約10億円の資金調達を実施しました

TechCrunch:

CNET:

日本経済新聞:

Forbes:


ユニオンテック株式会社は、2019年2月18日までに、DCMベンチャーズ (本社:Menlo Park, CA、日本代表:本多 央輔)を引受先とする第三者割当増資を実施し、シリーズAラウンドで9.7億円の資金調達を実施いたしました。

当社は、2000年よりクロス・床等内装仕上げ工事業として創業し、オフィスや店舗の内装設計、デザインから施工までを行う空間創造企業として事業拡大をしてまいりました。2016年よりオンラインプラットフォーム事業に参入し、工事マッチングプラットフォーム構築に注力。建設業界の受発注に特化したBtoB工事マッチングプラットフォーム「SUSTINA(サスティナ)」は、サービス開始約2.5年で会員企業数7,000社超、月間100万PVを越える日本最大級の建設業マッチングプラットフォームへと成長しました。2018年3月には建設職人シェアリングアプリ「CraftBank(クラフトバンク)」のβ版をリリースし、職人の新しい働き方を提案するサービスとして展開しています。

 建設業界は51兆円/年という日本国内でも大きな市場規模を誇り、その約70%の企業が売上1億円未満の職人を中心とした工事事業者や個人事業主が支えています。(※1 )その中で工事発注者の約90%が「職人不足」を課題感として感じており、工事価格の高騰や工期の遅延等が社会全体の課題となっている一方、職人や工事会社の約70%が次回工事の確定できていないという状況です。これは、多重請負構造による受発注構造が複雑化、さらに電話やFAXなどの非効率なやり取りに起因する「情報の非対称性」が課題であると言えます。(※2)当社はこの情報の非対称性を解消するため2016年よりマッチングプラットフォーム事業を立ち上げました。
 今回の資金調達により、 「SUSTINA(サスティナ)」および、 「CraftBank(クラフトバンク)」のプロダクト開発スピードを加速化させ、工事マッチング総額の最大化に努めます。
※1 平成26年度建設業構造実態調査結果参照  ※2 建設労働需給調査参照

クラフトバンク株式会社's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more